会社の設立手続きは、最初から専門の業者にお任せしてしまった方がお得な場合が多いです。

会社設立の手続きは自分でやろうと思えばできなくはありませんが、定款の書き方などを自分で調べて書くのは非常に手間がかかってしまいます。経営者たる者は、そんな細かいことに時間を割いている余裕はありません。創業時には顧客開拓や仕入先の確保など他にやらなければいけないことがたくさんあるはずですから、そちらの方に力を使うべきでしょう。現在はかなり安い料金で会社設立手続きを代行してくれる業者もあるので、素直にお任せしてしまった方が楽です。

ちなみに、代行業者にお任せするなら電子定款を作ってくれるところに依頼すると料金を安くできる可能性が高くなります。定款の作成には、紙で作る方法と電子データで作る方法があるのですが、電子定款だと収入印紙を貼る必要がないので、収入印紙代4万円を浮かせることができ、その分安くなるでしょう。

電子定款を自分で作成することもできますが、やらない方がいいです。電子定款を自分で作るとなると、専用のソフトが必要になります。このソフトは現在のところフリーソフトではダメで、数万円もする高価なソフトを購入する羽目になります。そんなものを購入してしまったら、収入印紙代が浮く電子定款のメリットが無くなってしまいます。また、ソフトの他にも色々機器を揃えなければなりません。多少コストはかかっても専門の業者にお任せした方が賢明でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *