会社設立登記を行う時の流れの中には定款の作成および公証役場の定款認証(株式会社設立の場合)、資本金払い込みおよび払い込み証明書の作成、実印の製作や登記書類の作成、他の書類を準備、法務局で登記申請があります。

この中でも定款の作成および公証役場の定款認証は、とても重要な工程で会社設立代行業者を利用する人も少なくなりません。定款は紙と電子データのいずれかで認証手続きが出来るようになっており、電子データの定款のことを電子定款と呼びます。但し、電子データで作成したものが電子定款ではなく、電子証明書を追加したPDFを電子定款と呼んでいます。

このような定款を利用して公証役場で認証手続きを受ける時の利点は、ネットを使って定款を送信することが出来る、印紙税の4万円が不要になるため節税効果があるなどが挙げられます。ネットで送信が出来ると言ってもメールで公証役場に送信するのではなく、登記・供託オンライン申請システムと呼ぶ法務省の専用サイトから行います。

ワードなどのソフトウェアを使って定款を定めた後は、ワードデータをPDFに変換します。変換そのものは特別なソフトウェアが要らない、ワードでPDF形式で保存を行えば良いのです。しかし、変換後のPDFに電子証明書を追加するためには電子署名を付与出来るアドビ社のアクロバットと電子証明書を追加する時に利用するICカードリーダーが必要です。代行業者を利用すれば、電子定款認証手続きを代行して貰えるので利用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *