電子定款は会社設立の手続きの1つともいえるプロセスで、電子上で署名を行って認証を受けて作成する会社の定款です。

この定款は会社を経営する時の基本的な決まりのことで、会社設立をする際には必ず必要となるものです。会社の運営について定めた根本の規則といわれ、具体的な条文の形で書き起こす必要があります。会社を設立する場合には不可欠な書類で、株式会社の場合には定款を公証役場という場所で認証してもらいます。合同会社の場合は自身で定款を作成するだけで効力が生じます。

ただ、この定款については、紙ベースで定款を作成した時には、その定款には4万円分の収入印紙を貼る必要があります。会社設立で定款が必要という場合には、電子定款の形で作成することで印紙代の4万円は必要なくなるのです。会社設立時はまだ業務をできる状態になっていないため、4万円という費用は大きな出費といえます。

定款を電子ベースで作成することで費用節約になるというメリットがあるといわれ、会社設立を行うという場合には費用の節約できる方法で行うということは大切です。ワードや一太郎を使って作成した定款の電子ファイルをアドビリーダーを利用してPDFにし、そのPDFファイルに電子署名を行うというようにすると電子定款を作製することができます。電子署名を行ったPDFファイルが定款原本になるため、保存は通常の紙の定款とは異なり、CDなどの電子媒体で行うようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *