これまでは紙での定款の申請は出来ませんでしたが、近年は電子定款でも行うことが出来ます。

ただ、作成には手間認証の手続きが面倒で、さらに専用の高額な機器なども用意しなければなりません。作成に必要な機器はICカードリーダライタ(2、000円から6、000円)、AdobeAcrobatStandard(約34、800円)、住基カードと電子証明書(それぞれ手数料として500円)です。最初からこれらの機器も持っていて作成にも慣れている人ならおすすめですが、機器もなく初めて電子定款をする場合はやはり行政書士などに依頼した方が手間もかかりません。

慣れていて機器も持っていて作成したいときは、まず先に定款を作る必要があります。また、定款を作った後も誤りがあったまま承認申請をしてしまうと、電子では訂正と再申請の手間がかかります。定款を作成したら電子定款を行う前に、公証役場や法務局で事前にチェックしてもらいます。電話をしてから会社設立のための定款を作成したので認証前にチェックしてしてほしいと伝えて、メールまたは、FAXで送ります。

その時に電子で作成したいことも伝えて手続き方法や流れなども聞いておきます。電子化するにはWordで作った定款をPDFに変換しますが、この変換ソフトも電子署名挿入機能が付いてないと使えません。これは無料ではなく有料のものを購入する必要があります。電子署名をつけるには電子証明書の認証も欠かせないので、その申請で必用になるのが住民基本台帳カードです。これは住民票のある市区町村の役所で交付してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *