電子定款で作成すると印紙代4万円がかかりません。

印紙代は紙の文書に対して課税される税金です。電子だと紙ではないので印紙税法では非課税になり税金が不要になります。電子定款認証だとインターネットから取得出来るのではないかと感じますが、株式会社の定款認証は必ず公証役場で受け取る必要があります。忙しくて受取りに行けないときは代行サービスもあります。

個人で作成するには電子証明取得や専用ソフトが必要で、費用が10万円前後かかります会社を設立するために10万円も費用がかかるのはかなりの出費なので、専用のソフトや行政書士などに依頼した方が良いです。全国どこの公証役場でも電子定款認証が出来るわけではなく、大都市圏だと殆どで可能ですが、一部地域では整備が整ってないため先に確認した方が安心です。また、申請には法務省オンライン申請用総合ソフトを利用しますが、専用のソフトによっては提携行政書士が申請代行してくれるためこのソフトのインストールも不要です。

これまでは紙の定款を作成して書類を公証役場で認証してました。近年は法改正されて紙ではなく電子で作成することも認められていて、それが公証人が認証することを電子定款認証です。電子での認証の申請前には公証人に定款等の内容を事前に確認してもらい、それから認証の日時を調整と予約をします。これは委託などを依頼していると事前確認や認証日調整も行政書士がしてくれます。手間だと感じるときは依頼した方がよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *