電子定款作成のための適正な価格を知っておきましょう。

電子定款は自分で作成することもできますが、代行会社に依頼したほうがより手軽です。そのときに高額な手数料がかかるのではと考えている人がいますが、調べてみると驚くほどに安価です。しかし、イメージしているよりも安価だと、人はすぐにそれに飛びついてしまう傾向がありますが、こういうときにこそ注意が必要でしょう。一番安いのはどこかというと、なんと無料です。無料ということはそもそも料金がかからず、完全にゼロ円ということです。

当然ですが、企業は利益目的で営業しているのでなにか裏があるはず。たいていは税理士との継続的な顧問契約を結ぶことなどを条件としています。顧問契約はほとんどの場合に長期になりますので、トータルでは割に合わないと感じる可能性もあります。2、000円から3、000円くらいは適正なのかというと、まだ安すぎる価格です。やはり継続的な顧問契約を条件にされている可能性が高いでしょう。

電子定款の作成だけを依頼する場合には5、000円から1万円程度が適正といえます。この価格なら継続的な顧問契約などの他の条件はついていない可能性が高いです。電子定款を自分で作成する場合には最低でも5千円はかかりますので、業者に依頼をしてもそれほどの差はなく、むしろ代行してもらったほうがメリットがあることがわかります。手間や時間を考えると自分で作成するよりも代行してもらうべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *